家や土地、車、家電品、毎月の生活費、チップがもらえる
さらに、わらしべ長者、恋人もできる ベネトレ




■実証結果


【探偵!ナイトスクープ】において、与那国島の日本最西端の地で最初に出会った人に友人を紹介してもらい、何人目で明石家さんまに辿り着くか」という企画が行われたことがあり、結果は7人でした。


また2014年8月27日放送分の「水曜日のダウンタウン」で「数珠つなぎ6人で誰の電話番号にでもたどり着ける説」として六次の隔たりが紹介されました。

番組内では、道ゆく人にダウンタウンの松本人志の電話番号を知っていそうな友人に電話をかけてもらい、何人で辿り着くかを検証したところ、結果は4人でした。


この様に、六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができます。

多くの人数からなる世界が比較的少ない人数を介して繋がるスモール・ワールド現象です。





一般に六次の隔たりを語る上で多く言及されるのが、イェール大学の心理学者スタンレー・ミルグラム教授によって1967年に行われたスモールワールド実験である。


この実験ではネブラスカ州オマハの住人160人を無作為に選び、「同封した写真の人物はボストン在住の株式仲買人です。

この顔と名前の人物をご存知でしたらその人の元へこの手紙をお送り下さい。

この人を知らない場合は貴方の住所氏名を書き加えた上で、貴方の友人の中で知っていそうな人にこの手紙を送って下さい」という文面の手紙をそれぞれに送った。

その結果42通 (26.25%) が実際に届き、42通が届くまでに経た人数の平均は5.83人であった。



日本の社会学者も同様の実験を行った。

九州を起点として「北海道の知人を紹介してください。

もしいなければ、北海道に知人がいそうな人を紹介してください」と人々に尋ね回った。

その結果北海道の人間に辿り着くまでの平均人数は7人であった。


コロンビア大学の教授ダンカン・ワッツらが電子メールで同様の実験を行った際、理論的な仲介人数は5 - 7人であった。




ソーシャル・ネットワーキング・サービスの理論的下地の1つであり、1997年から2001年まで運営されていたSixDegrees.com(英語版)や日本で2004年から運営されているGREEの名称の由来である。

2008年、日本国内最大のSNSコミュニティmixiについて、同社のエンジニアによってスモールワールド性の検証記事が書かれ、6人目で全体の95%以上の人数に到達できることが明らかにされた。

2011年には、Facebookとミラノ大学による共同調査の結果、世界中のFacebookユーザーのうち任意の2人を隔てる人の数は平均4.74人であることが発表された。


普通に買うより、当サイトで値引き額を確認すれば最も安く買えます





    
値引きサービスの詳細
     



 
TOPページ
 
 
10万円の生活費が毎月もらえる
 
 
一生もらえるチップ
 
 
お誕生日などのお祝い金をもらう
 
 
わらしべ長者
 
 
値引きサービス
 
 
カテゴリー一覧
 
 
メニュー一覧
 
 
▲このページのTOP
 


前のページに戻る

   

2016 All Rights Reserved deg.venetre.com